思考力が中学受験の算数の場合には大切

中学受験の算数は難しいと言われていますが、楽しみながらこの中学受験の算数を行っている子どももいます。もちろん、ある程度の作業も中学受験の算数ができるためには必要です。中学受験の算数ができるためには、繰り返しながら作業の中で考えることも必要です。しかしながら、中学受験の算数の場合には、もっと大切な思考力と言われるものがあります。

これは、問題を解答する仕組みの理解です。仕組みの理解にまずは時間を費やす必要があります。このような訓練をすれば、1つの問題を解答するために時間が当然かかってしまいます。そして、できる問題の数が結果的に少なくなってしまうでしょう。それでも、しっかりとどのように解答すればいいのか意識し、問題を理解して解答することが大事なのです。

そして、可能であれば、このような問題を解答する時こそ、指導を家庭教師や塾に依頼してでも行ってもらうことです。自分が考えた解答方法以外のものや、その解答方法と自分のものは同じ答えがどうして出てくるのか、ということまで把握して、効率的に解答する方法を覚えていくのです。また、アドバイスしてもらうことによって、考え方のポイント、解答方法のポイントにも気がつくようになります。