親が中学受験の算数のために何をするか

中学受験の算数の対策が記載された本についてご紹介しましょう。著者は、合格者を難関中の多くで出している専門の中学受験の塾の副代表の方です。親がどのようなことを子どもの中学受験の勉強のためにするといいのか、ということが分かるのがこの本の特徴です。親の受験であるとも中学受験は言われていますが、中学受験で、親が算数について特に教えるようなものはないと思っている人も多くいるでしょう。

しかしながら、この本を読むことによって中学受験の算数の場合でも、親が教えることができることが分かったと言う人もいるそうです。この本は算数以外にも、別の科目のものも出されていますが、中学受験の場合には算数がまず大切でしょう。

目次を見てみれば、この塾の特徴と入試対策がどのように採られているか記載されています。この塾は、指導を専門の中学受験の進学塾に対応したものを行っているため、本をこのような切り口で書くことができるのでしょう。例えば、第1部の文系の親であるため可能な算数の教え方の内容としては、問題文を分解、発問で声かけなどになっています。 第2部の40台から50台の偏差値への内容としては、攻略の手がかりが記載されています。例に難関中の入試問題を挙げて、根本を理解することについて解説しています。