生きる力が中学受験の算数には必要

算数の中学受験は一生の財産にはなる、と言っている人の記事についてご紹介しましょう。この記事では、中学受験の算数は単純に受験のためだけではないということや、子どもに中学受験をさせるメリットについて記載されています。

新学習指導要領においては、重要視されているのは生きる力ですが、この生きる力はペーパーテスト重視型、知識偏重型の学力観に対して、活用型学力、新学力観とも言われているそうです。この生きる力は、実は数十年前から中学受験の場合にはこの活用型であったそうです。これは、生徒に私立中学が要求する力なのです。中学受験のためにはよく塾が必要であると言われていますが、このような力を育成するための指導を専門の中学受験の塾では行っています。

中学受験の中でも、この力が特に算数の場合には必要です。算数は、「比」の考え方が文章題の中に隠れているのを見つけたり、補助線を引き公式が複雑な図形の中に使用できる形を見つけたりすることも楽しみです。算数には、便利な方程式と言うようなツールを使用しないで、難しい問題を解答する楽しさもあるのです。数学を始める前に頭の算数的な使用方法をマスターしておくことによって、未知の状況の場合でもあわてることなく対処できる力をマスターすることができるそうです。