塾オリジナルの勉強法がある中学受験の算数

中学受験の塾の場合には、国私立受験、公立中学受験などコースがいろいろ準備されています。中学受験と言うことでも、塾ごとに異なった志望校別対策と、一人ひとりに応じた個別指導を行っています。中学受験の算数についても、塾によってはオリジナルの勉強法があり、3年生から6年生まで学年ごとにこの勉強法は違っています。

中学受験の算数に必要な発見力と作業力を育成するために、法則や規則に気付く発見力、書き出しを試しにする作業力を育成する学習をします。まず、子どもが手を動かすようにするために、3年生の時期は勉強法の正しいベースを固めるようにし、楽しいと考えることが感じられるような授業を行います。実際の生活と算数を関係付けて、パズルや買い物を使って授業の興味のあるものを行います。

4年生の時期は、数の大きさや単位についての感覚を磨き、計算力を付けます。また、作業力をアップするために、解くことができないような問題の場合でも式を作る、図に描いてみる等と言うような習慣をマスターしていきます。5年生の時期は、式だけでは理解しにくい問題を図にしてみる能力をマスターします。さらに、中学受験が近くなる6年生の時期には、得意でない分野を夏休み前には克服し、秋からは過去問にチャレンジします。