計算ミスが中学受験の算数の場合は侮れない

中学受験の算数の場合に、計算ミスは侮れないものです。ゴールデンウィーク中には、6年生は計算ミスを何とか少なくする練習をすることが大切だそうです。そのような時間は無いと考える人も多くいるかもしれませんが、計算の練習の場合には質の方が量より大切ということです。演習が不足している場合にはもちろん話になりませんが、算数に中学受験をめざして取り組んでいる人の場合には演習が足りないと言うのはないでしょう。質が高くないといくら量を多くしたとしても、正答率が上がらず、大きな時間の負担になるそうです。

対策としては、問題を中学受験の算数の問題集などから選択し、計算問題にじっくりと5分から10分間取り組むような勉強をすることです。中学受験の算数の場合の計算ミスとしては、逆算することができない、 計算を工夫することができない、計算する速度が遅い、計算方法の特殊なものができない、計算の余白の使用方法が上手でない、弱点が算数の計算の他の単元にある、と言うような6つに分けられるそうです。しかしながら、自分でこのうちのどれに該当するかチェックする必要があります。まず、自分はどのタイプであるかということを把握することが、中学受験の算数の計算ミスの場合には大切なのです。