算数が中学受験の場合には大切である

多くの人が算数が中学受験の場合には大切であるということは知っているでしょう。では、対策はどのようなものをするといいのでしょうか?中学受験のためには一般的に進学塾に行くと言うことですが、算数に関しては特別講座を受けるような人も多くいるのではないでしょうか。特に中学受験の場合には志望校別の対策が大切であると言われているため、進学塾を選択する際にしっかりと対策講座の内容についても掴んでおくようにしましょう。国語には注力しているが算数はそうでもない、などというように進学塾ごとに違っているため、注意することが必要です。

ここでは、いくつか算数が足を引っ張るケースについてご紹介しましょう。ケースとしては、単純なミスが無くならない、得意でない単元がカバーできていない、1問解答するのに時間がかかりすぎている、などがあります。中学受験の場合には、合格答案を作ることができることが大切であるため、このような問題を解決することができなければ対策が必要になります。思考力が大切ということでも、計算力を確実につけることがまず大切で、しかもミスが多い場合とスピードが遅い場合では対策が違ってきます。

中学受験で必ず出される図形問題については、解き方をいきなり考えるということではなく、全て図に問題文の条件を書き込むことと、多くのパターンの問題をひらめきを生むために数をこなすことが大事です。